読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなもののはなし3

 

1巻だけ買ってみよう、という漫画ありませんか。とりあえず1巻買ってみよう面白かったら次買おうというのが私はわりとあって、読んでみてからちょっと寝かせようとか金ないからまた今度にしようとかはずれだったなあとか即買おうとかあるんです。わたしが今貯めてる1巻ズもそれぞれ面白くて、そのうち買おうそのうち買おうと思ってる間に他のものを買ってると揃えるのが後に回ってしまって結構ちらばってしまいます。

 

今日はイライラしてたのでなんか買う!!!!と思ってゴールデンカムイを買いました。これも昔に1巻だけ買ってそのうち買おうと思いながら2年くらい経ってしまっていたのを、新刊が出るたびに心には浮かんでたんですけどとうとう今日続きを買いました。一冊だけ。

杉元という男は私は絶対にハマるなあと思ってたけどやっぱりハマりましたのでこれからはサクサクと買っていこうとおもいます。先の展開は何一つ知らないんですけど、アシリパさんとの関係がずっとこのまま同じように続いたら理想です。杉元がアシリパをさん付けしてるのってとても素敵です。歳の差は尊敬の念には関係なくて、むしろ平等であるからゆえのアシリパ「さん」。いつまでもこの二人でいてほしいです。

 

恋愛じゃない、愛の物語が読みたいです。人間が人間を慈しみあう物語がよみたいです。

 

そういえばベルセルクもそろそろ読みたいと思って一冊買いました。何年で揃うものでしょう。うふ。

 

音楽プレーヤーの中にあんまりピンとこないけど消さずにしておいた曲たちが、ふとシャッフルで聴いたときにびっくりするほど良い曲で驚く時って誰しもあると思うんですけど、これは音楽だけじゃなくて何にでも言えることで、私は漫画でもたくさんそんな体験をしてきました。きっといつか私にハマる瞬間のために、一冊だけ、1巻だけの素敵な物語の始まりが本棚の中にたくさんあるのです。